ジャマイカ全島周遊、 語学留学、 ゲストハウス、 観光



ジャマイカのお料理 ご紹介

観光客対象のレス トランやホテルでは本場の味には出会えない。  ダウンタウンの地元の人たちに人気のクックショップ(お弁当屋)でこそ、安くて、旨くて、 ボリュームたっぷり!の本格的ジャーメイカンフードにありつけると貴方の旅行も楽しさ倍増、節約できるってわけ。

朝ごはんは、一食平均 US$3で茹でた青バナナやタロイモ、だんごっぽいダンプリングが主食で付いてくる。  昼夜ごはんは、一食US$3〜5でたっぷり赤飯っぽいライス&ピーズや白ご飯に、 少しだけ野菜が付き、小食の日本人にはおなかいっぱいになるはず。


各種チキン料理  肉はとてもジュー シー!
ジャマイカンは、体に羽が生えるほどのチキン好きで、 毎日食べても全く飽きない。 フライド、カレー煮、ブラウンシチュー煮込み、スープ、中華風、なんでも 一通りトライしてみましょう。


アキー&ソルトフィッシュ
ジャマイカでしか食べられない、フ ルーツの実を炒めた ジャマイカを代表する朝ごはん。 食感は、ちょっとむにゅむにゅして卵の黄身のような感じ。  塩抜きした塩たらと、タイム草、トマトや玉ねぎとスパイシーに料理する。  なんとなくハマりそうな味。


ジャーク料理  流行りの店は、煙もくもく、人の行列!
スパイシーなジャークソース調味料に、鶏、ぶた、魚などを漬け込んで、香木ピメントで、 もくもくいぶし焼きしたものがボストンジャークの本格派。  ドラム缶を真ん中で割ってパンバーベキュー風の蒸し焼き料理法もある。  味の決め手は各お店オリジナル秘伝漬け込みたれソースにあり!
1食US$4相場、チキンのモモ1つぶんほど。パンのスライスが無料でついてくることもある。

  • モベイからポートアントニオに入る 手前の村 : バフベイの海岸線に立っているお店。  その日獲れたてのフィッシュやコンク貝もジャークにしてくれる。
  • モベイからキングストンに行く途中 のリンステッドの道路脇に立ち並ぶジャークポークショップ。
  • ディスカバリーベイのアルティメイト
  • プライオリーのジャーク通り
  • リンステッドのジャークチキンB&B
  • キングストンのRED HILLS通り。ジャークパンが10軒ほど並ぶ。ZIGGYが人気。


さかな料理
色とりどりのトロピカルフィッシュをエスコビッチ(揚げてピリカラ酢と野菜に漬けたもの)、 ブラウンシチュー、ジャーク、スチームなどの料理法でいただく。  フォークでは食べにくいので、日本人ならお箸で器用に楽しみましょう。  フィッシュティ(さかなスープ)もナイス。 カリブ海でしか獲れないコンク貝や、 ロックロブスター(岩海老)も試してみよう。


牛肉 ・ 豚肉
シチュウ煮込み、ロースト、炒め物などがあるが、 宗教や健康にたいする食生活の主義によって40%のジャマイカンは赤肉や豚肉を食べない。


ジャマイカン・パティ
1枚 US$1くらい (毎月値上がりしているように感じ るが)
さくさくしたパイ皮に、スパイシーな味付けのミンチパ ティ、 カレーチキンパティ、野菜パティなど、庶民の代表的スナックではあるが、昼食にこれだけで済ます人も多い。  パンにはさんで食べるパティサンドにするとおなかいっぱいになる。各地の中心地にあり、常に店内は混みあっている。


ベジタリアン(菜食)
ジャマイカの赤土とお百姓さんの汗と努力で育ったフルーツ や野菜。 形はよくないが栄養価が高く、天然の味深い豊富さには感激する。
その歴史は、 ジャマイカンの祖先たち・アフリカ黒人が奴隷として母なる地を離れさせられた時に、 命がけで手の中に隠してジャマイカの地に持ち込み密かに栽培したものが、 500年後の現在も食生活の中心を支えてくれている。

また、ラスタファライアンを中心 に、 菜食主義に従う人々は増えている。 精神を癒し、ポジティブな考えを持ち、 体内の毒素排泄や血液をきれいにするには、動物肉や加工物、塩、 MSG(科学調味料)などは一切食せず自分で料理すれば、自分が何を食しているかよくわかる。  でも、体を造る基礎たんぱく質をしっかり、豆や穀物類で採らないとかえって体を壊すことにもなるの で要注意。  専門家もたくさんいるので、機会と興味があれば相談してみよう。


飲み物
灼熱のジャ マイカンフードに合う庶民的な飲み物といえば、レッドストライプビール、 ティング(グループフルーツソーダ)、ジンジャービアー(しょうが味ソーダ)、 各種ボックスドリンクなどがあり、ソーダやジュース系はかなり甘い。  菜食主義者やラスタファライアンは、ルーツとよぶ木の根や薬草を漬け込んだ独特のドリンクを愛飲する。  滋養強壮、下半身にも良く効くらしい。熱い土地柄、飲み物の種類は多く、チョイスが豊富。

ブルーマウンテン・コーヒー

外国人以外、ジャマイカンには飲む習慣はまれである。酸味がない 香ばしさがたまらない美味しさ。 コーヒーを楽しむ人はコンデンスミルク(練乳)を入れて飲む。ブラックに、はちみつを入れても美味。


お酒
ホテルやバーではラム酒や、トロピカルフルーツ・クリーム状 の強いお酒をベースにしたジャマイカだけのカクテルも試してみよう。  カクテルではハミングバード、ピナコラーダ、ブルージャマイカなどが一般的であるが、 ジャマイカンバイアグラ、セックスオンザビーチ、ビッグバンブー、なんていうエロチックなカクテルも人気がある。


ジャマイカで食べ歩きツアーしたい方、料理修行したい方、日本でジャマイカンレストラン 開店したい方、アドバイスやサポートはお任せください!
美世子  WALCOTT






ホーム
ナイス&ホット情報
旅する・観る
泊まる
学ぶ
イベント
買う
食べる
撮影コーディネート
写真集
コンタクト
リンク集
Jamaica JAMROCK
Miyoko Walcott
電話 : (876) 979-7936
緊急携帯 : (876) 324−5852
email : メールはこちらへ
ホー ム
自己紹介
コンタクト
リ ンク集

ナイス&ホット情報

撮影コーディネート

写真集


Facebook
twitter
旅する
ダンカンズベイ
モンテゴベイ
オーチョリオス
ネグリル
ポートアントニオ
シーファン浜と半月ビーチ
リピーター絶賛ツアー
ジャマイカ周遊移動案内
ブルーマウンテン登山ツアー
キューバを旅する

イベント
ダンスホールクイーン
レゲ エ・ダンスイベント
レ コーディング・ダブ録り
ジャマイカン・ ウェディング
泊まる
JAMROCKの家
JAMROCK 推薦のお宿

学ぶ
語学留学プログラム
資格取得してみよう
ドラミング・レッスン

買う
ジャマイ カより直送サービス

食べる
本場のジャマイカンフード

Jamaica JAMROCK  ジャマイカ国観光省観光生産開発者(TPDCo)認可取扱い業者  /  All rights reserved.
inserted by FC2 system